MENU

修学旅行などの学校行事で活用したい携帯レンタルについて

修学旅行をはじめ、学校行事で携帯レンタルを利用する学校が増えてきています。

 

また、親御さんがお子さんに持たせるケースもあるようです。いったいどのような使い方をしているのでしょうか。

 

先生と生徒の連絡用に

特に修学旅行は自由時間などもあり、先生が生徒の状況を把握できないことがあります。そんな時も携帯電話があればお互いに連絡が取り合えて便利なのですが学生の場合、必ず携帯電話を所有しているとは限りません。

 

そこで携帯レンタルの活用が増えているのです。学校で先生と生徒が持つための携帯電話をレンタルし、それぞれに配布、こうすることで修学旅行中の連絡用手段として使えるわけです。

 

携帯レンタルの中にはGPS機能が付いているものもあり、こうしたタイプなら通話での連絡に加えて生徒1人1人がどこにいるのかもGPSで把握できます。

 

学校としては生徒を預かる立場で、もし何かあれば大きな問題になります。スムーズに連絡を取れるようにしておけばトラブル防止にもなりますので非常に便利なのです。学校に携帯電話を持ってきてはいけないというのが一般的ですが修学旅行など学校行事では大きな力を発揮します。

 

親と子供の連絡にも

携帯レンタルは親と子供が連絡を取り合う時にも便利です。先程も少し触れましたが学生のうちは携帯電話を持たせないという親御さんもいるでしょう。

 

ですが普段の生活ならまだしも、修学旅行中は連絡手段がないと心配なものです。公衆電話も減っていますし、友達の携帯電話を借りて連絡をしてもらうのも申し訳ないところでしょう。

 

そこで携帯レンタルを利用して修学旅行中など学校行事の間だけ携帯電話を持たせるわけです。そうすれば万が一の時もすぐに連絡ができます。

 

携帯レンタルの場合は通話機能のみなど、機能も制限できますから余計なことに使われる心配もありません。
親御さんにとっては大切な子供の現状を把握できる便利なツールになります。つまり保護者にとって携帯レンタルはお子さんに責任を持つという意味でも重要なツールなのです。

このページの先頭へ