MENU

携帯レンタルの法人利用のポイントとは?経費節約できるのか?

社員に携帯電話を支給している企業は少なくありません。これから支給しようと考えている企業も多いでしょう。そこで問題になるのがコストですが、携帯レンタルは経費の節約に効果的なのでしょうか。

 

携帯レンタルなら無駄がない

たとえば社員用の携帯電話を通常契約して支給するとなるととにかく手間がかかります。携帯電話も企業の資産の1つに含まれるため経理処理が必要になりますし、料金の請求も1台ごとにされるのでこの点でも手間がかかります。こうした会計上の処理が面倒で支給をしないという企業もあるのですが、携帯レンタルの場合だと処理の手間が大きく減らせます。

 

料金の請求は合算してもらうことが可能ですし、資産にならないため経理処理も減ります。結果的に経費節約に繋がることもあるでしょうし、携帯レンタルは法人利用でこそその力を発揮してくれると考えて問題ないでしょう。

 

レンタルする機種も選べますからスマホでもガラケーでも必要な機種を選べます。どんな機種が必要なのかを考えておけば必要な機能を満たしつつ、手間を減らして経費も節約できてとても便利なサービスなのです。

 

通話料の節約にも

携帯レンタルの通話はプリペイド式が主流になっています。これは事前に一定の料金を支払っておき、その料金の分だけ通話ができるという仕組みです。

 

もちろん追加で料金を支払えば通話時間は増やせるので必要な分の経費しかかからないようにできます。必要最小限の経費で携帯電話を利用できる、これは携帯レンタルの最大のメリットです。あらかじめどのくらいの通話時間を確保しておけばいいのかを検討しておけば通話料を最小限に抑えられるわけです。

 

ただし、通話料金については業者ごとに料金設定が異なるため比較することは大切です。できるだけ安い通話料金で、プリペイド式で使える、これが業者選びのコツになるでしょうか。この2つを満たした業者を見つけることができれば携帯電話にかかる経費を大幅に削減できます。

このページの先頭へ