MENU

携帯レンタル利用のポイントを知っておこう

海外旅行に行く時やイベントに参加する時などにも携帯電話は役立ちます。

 

しかし防犯の観点から自分の携帯電話を持っていくことに抵抗を感じている方も少なくありません。

 

そんな時は携帯電話のレンタルサービスを活用すると便利です。

 

 

レンタルなら防犯も万全

海外旅行にしてもイベントにしても携帯電話を盗まれてしまったり、紛失してしまうリスクがあります。

 

万が一自分の携帯電話を失ってしまえば手軽な連絡手段がなくなり特に海外旅行では相当不便な思いをしてしまうでしょう。

 

そこで携帯レンタルが活用されています。

 

携帯レンタルならもし失ってしまっても自分の携帯電話は残りますし、ある種の保険のような形になります。

 

もちろんレンタルのものだから失くしても構わないというわけではありませんが、リスクを最小限に抑えるためには有効な方法です。

 

今や携帯電話は個人情報の詰まった非常に重要なツールです。

 

盗まれて悪用されるというケースも決して珍しくないので防犯意識は高くしておくべきでしょう。

 

 

利用期間も自由に選べる

海外旅行やイベントの時にだけレンタルした携帯を使いたい場合、気になるのが利用期間です。

 

一般的な携帯電話のように2年といった長期契約をしないといけないとすれば気軽にレンタルすることもできません。

 

ですが携帯レンタルは利用期間を選べるためこうした心配はありません。

 

1週間だけ、1ヶ月だけ、こうした短期間の利用も可能だからこそ携帯レンタルは便利なサービスなのです。

 

使い終わった時も解約料などは一切かからず、利用料金だけで使えます。

 

必要な費用を最小限に抑えられるのも携帯レンタルのメリットの1つです。

 

海外旅行にしてもイベントにしても短期間の利用になるでしょうからこれは助かります。

 

防犯対策にもなり、しかも費用的にも無駄がない携帯レンタルは積極的に活用したいサービスです。

 

レンタルをしたことがないという方も多いと思うのですが遠方に出かける際などは携帯レンタルを活用すればより快適に旅行やイベントを楽しめるでしょう。

 

 

携帯レンタルとはどんなサービスなの?その内容について

携帯レンタルは文字通り携帯電話をレンタルできるサービスのことです。

 

これは多くの方がすぐにわかると思うのですが、詳しいサービス内容について知っている方は少ないのではないでしょうか。

 

ここでは携帯レンタルというサービスについて紹介します。

 

 

携帯レンタルの仕組み

携帯レンタルはレンタルサービスを行っている業者が各携帯電話のキャリアと契約し、その契約された携帯電話をお客に貸し出すという形になっているのが一般的です。

 

通常、携帯電話を利用する場合は自分でキャリアと契約をする必要がありますが、その間にレンタル業者が存在するわけです。

 

そして私達利用者はこのレンタル業者から携帯電話を一時的に借りるのです。

 

キャリアへの料金の支払いを直接するのはレンタル業者で、私達はレンタル業者にその際にかかった料金を支払うことになります。

 

必要な手続きなどをすべてレンタル業者が代行してくれるようなもの、と考えればいいでしょうか。

 

私達は面倒な手続きなどをせずに気軽に携帯電話を借りて使えるわけです。

 

 

どんな時に便利なのか?

では携帯電話をレンタルするメリットはなんでしょうか。

 

まず、契約期間の柔軟性が挙げられます。

 

一般的には2年など契約期間が決められていることが多いのですが携帯レンタルなら短期間だけでも借りられます。

 

たとえば出張に行く時に自分の携帯ではなくレンタル携帯を持っていくとすれば出張の間だけ借りられるのです。

 

また、自分の携帯電話とは別に2つ目の携帯として利用することもできます。

 

プライベートと仕事で使い分けてもいいですし、新しい携帯電話を購入するまでの繋ぎとしてレンタル携帯を使うのもいいでしょう。

 

とにかく気軽にレンタルできるのが特徴なのでその使い方は様々です。

 

料金も各キャリアの利用料にレンタル料がプラスされるだけでシンプルです。

 

レンタル料は各業者で違いがありますから安いレンタル料のところを探すのも1つのポイントになるでしょう。

 

 

一般的な携帯レンタルサービスの利用に必要となる料金名目について

携帯レンタルサービスを利用する前に料金について詳しく知っておく必要があります。

 

業者ごとに料金設定も違うため最終的には個別に調べる必要がありますが一般的な部分について把握しておきましょう。

 

 

レンタル料について

携帯電話をレンタルするわけですからレンタル料は必ず必要になります。

 

レンタル料は1日単位で料金が発生するタイプと、1ヶ月分をまとめて支払うタイプの2つが一般的です。

 

1日単位にすれば自分の必要な日数だけ借りてレンタル料もその日数に合わせることができます。

 

1ヶ月分をまとめて支払うタイプは最低でも1ヶ月分のレンタル料が必要になりますから1ヶ月以上レンタルするかどうかがポイントです。

 

詳しい料金は業者ごとに違いますから料金比較することも大切でしょう。

 

旅行中や出張中にだけ使いたいという方は1日単位の契約、長期間に渡って使いたい方は月額制と使い分けるのが賢い方法になります。

 

通常の契約で携帯電話を利用した場合、レンタル料は発生せずあまり慣れていない部分ですから十分に調べて料金体系を把握しておきましょう。

 

 

その他の料金

レンタル携帯を利用する場合、レンタル料の他に事務手数料やオプション利用料、基本料金などが必要になります。

 

事務手数料は各種手続きに必要な費用として支払うことになります。

 

オプション利用料はパケット通信量や留守番電話サービス、キャッチホンといった携帯電話に付随されている各種オプションを利用する時に必要になります。

 

不要なオプションを付けなければ料金も最小に抑えられる仕組みですので自分に必要なオプションだけを加えるようにするのがポイントです。

 

基本料金は一般的な携帯電話でも支払っているものとほぼ同じで、レンタル料などとは別にレンタルするために必要な料金です。

 

基本料金ではなく初期費用が必要なところもあり、どんな料金がかかるのかも業者ごとの違いが見られます。

 

こうした料金は通常契約で携帯電話を利用する場合も必要になり、その意味ではレンタル料が加えられるのがレンタル携帯の特徴です。

 

 

 

このページの先頭へ